混迷する中東情勢。パレスチナやイラク、シリアなどの紛争地の取材をするのは男性だけではない。現場に20年以上通い続ける、古居みずえ、玉本英子 (ともにアジアプレス)と、稲垣えみ子元朝日新聞論説員を交えての座談会が昨年9月、東京で行なわれた。なぜ中東取材を始めたのか、現場ではどのように行 動するするのか、実情などが交わされた。(まとめ:古居みずえパレスチナドキュメンタリー映画支援の会)

座談会では「なぜ遠い場所の取材にこだわるのか」という問いから始まった。中東取材を続けるアジアプレスの玉本英子(左)古居みずえ(中)と、元朝日新聞論説員の稲垣えみ子氏。(2014年9月東京・早稲田大にて)

座談会では「なぜ遠い場所の取材にこだわるのか」という問いから始まった。中東取材を続けるアジアプレスの玉本英子(左)古居みずえ(中)と、元朝日新聞論説員の稲垣えみ子氏。(2014年9月東京・早稲田大にて)

 

◆会社員からジャーナリストへ

稲垣:
私は朝日新聞に入社して28年目になります。主に社会部の記者、特に大阪本社に長くおりまして、その後、東京に転勤して「ザ・コラム」という欄を担当しま した。大阪など地方の取材が長くて、中東のことなどは全くの門外漢です。一方で、なぜ日本から遠い場所の取材にこだわるのかという素朴な疑問もあります。 まずはそこからお伺いしたいのですが。

古居:
私は最初からジャーナリストではなくて、会社員の時、30代後半でリウマチになって、一時は寝たきり状態になって、これから何もできないと思っていたら、入院して何週間後かに、治ることがわかったんです。それがきっかけでカメラをやり始めました。

続きを見る...