大きな声で北朝鮮チームを応援している朝鮮学校の生徒たち。2016年3月9日(撮影アジアプレス)

大きな声で北朝鮮チームを応援している朝鮮学校の生徒たち。2016年3月9日(撮影アジアプレス)

 

電光掲示板で両チームの選手が紹介され、グラウンドに選手たちが入場してきた。目立ったのは両チームの選手たちの体格差だった。北朝鮮選手の方が日本選手より大柄であることが一目で分かった。体格が試合の勝敗を決めるわけではないけれど、一回り大きな北朝鮮チームを見て「勝てるんじゃないか」と漠然と期待を持った。

試合開始前、全参加者が起立した中で両国の国歌が斉唱された。私は北朝鮮が嫌で脱北したわけだが、外国で北朝鮮の「愛国歌」を聞きながら起立しているのは、本当に妙な気分だった。

三代にわたる北朝鮮の独裁と、若い執権者が内外に対して継続して行っている横暴のため、北朝鮮の国際的イメージは最悪だ。このような否定的な国家イメージもあって、私はテレビに映るのを恐れて、堂々と北朝鮮の応援席に立てなかったのだ。北朝鮮を離れて長くなるが、私は依然として脱北のトラウマから解放されていないのだった。

 一方、執権者への称賛歌がばかりの北朝鮮にあって、国歌であるこの「愛国歌」には金氏一族を称揚する節が全くない。それは本当に幸いだと思ったりした。(続く)

(文:キム・スンチョル/ 整理:ナム・ジョンハク)

キム・スンチョル(仮名)
在日朝鮮人だった両親が1960年代に帰国事業で北朝鮮に渡る。北朝鮮で出生したキム氏は、脱北後、日本に居住している。

在日脱北者が見た女子サッカー日朝戦(2) >>>

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…