平壌市10万世帯建設に動員された青年同盟突撃隊員。2011年8月大同江区域にてク・グァンホ撮影(アジアプレス)

平壌市10万世帯建設に動員された青年同盟突撃隊員。2011年8月大同江区域にてク・グァンホ撮影(アジアプレス)

 

労働党傘下の社会団体である青年同盟※が、3月から若者たちを対象に、街頭や市場で身なりや金日成バッジの着用を厳しく検査をしている。違反者は、家族への連絡も許されずそのまま遠方の労働現場に強制動員されるケースが続出。親が役所の前に集まり集団で抗議する事態も生じている。北朝鮮内部の複数の取材協力者が伝えた。

◆ジーパン、ピアス、ポニーテールは禁止

咸鏡北道の取材協力者A氏によれば、取締りの対象になっているのは、ジーパンをはじめとする足にフィットするスリムスボン(「線の無いズボン」と呼ばれている)、頭髪を黄色や茶色に染めている者など、「資本主義文化に染まった者」だという。
両江道からも同様の報告が届いている。恵山(ヘサン)市の取材協力者B氏によれば、取締り対象の女性の身なりは次のようなものだという。
「ジーパン、肌にぴたっと張り付くような服、髪型はポニーテールと染色が引っかかる。イヤリングはいいのだが、耳たぶに穴を空けて付けるもの(ピアス)はだめだ。肖像徽章(金日成バッジ)を着けているかも見る」

◆検束された若者は強制労働現場へ

深刻なのは、街頭で検査に引っかかった若者たちが、事実上拘束されて労働現場に送られていることだ。A氏は次のように伝える。
「青年同盟には『突撃隊』の事務所があって、引っかかって留め置かれた若者たちが30人溜まると江原道の『6.18突撃隊』に送られている」
「突撃隊」とは、国家的な大きな建設プロジェクトに動員される労働部隊のことだ。多くは青年同盟や職場などで組織・管理され、発電所建設や、道路や鉄道の建設などに投入される。

『6.18突撃隊』とは、労働党直属の「突撃隊」で、1999年6月18日に金正日氏が「三池淵(サムジヨン)郡の建設を進めるように」と指示したことがきっかけで結成された。各職場には一定の人員を出すノルマが課せられている。江原道に拠点があるという。

朝鮮中央テレビで放映された「6.18突撃隊」の姿。軽装でヘルメットを被っていない人も多い。番組では人海戦術で成果を上げていることを自賛していた。2004年9月。

朝鮮中央テレビで放映された「6.18突撃隊」の姿。軽装でヘルメットを被っていない人も多い。番組では人海戦術で成果を上げていることを自賛していた。2004年9月。


次のページ:「子ども返せ」と親たちが集団抗議...