軍用トラックが「サービ車」の営業をすることは珍しくない。いわば軍の「アルバイト」である。この車の行き先は順天で、運賃は1人2500ウォン。(2013年3月平城市 ペク・ヒャン撮影)

軍用トラックが「サービ車」の営業をすることは珍しくない。いわば軍の「アルバイト」である。この車の行き先は順天で、運賃は1人2500ウォン。(2013年3月平城市 ペク・ヒャン撮影)

<北朝鮮交通機関の革命的変化> 記事一覧

◆「サービ車」と三輪バイクタクシー

「サービ車」は、「稼ぎバス」と同様に運賃を取って人を運ぶ車のことだが、車種は様々である。トラックの荷台に人を乗せて運ぶ「サービ車」の場合、乗り心地が悪いために、バスに比べて運賃は安い。

こうした「サービ車」は、お金がない人や、時間に追われ「稼ぎバス」などの運行を待っていられない人々、バスが通っていない地域へ行く人々が利用する。

北朝鮮北部、中国との国境都市の恵山市では、2013年から三輪バイクのタクシーが目立つようになった。取材協力者から送られてきた内部映像を見ると、人々が三輪バイクのタクシーを利用する様子を容易にみつけることができる。

交差点で“客待ち”している三輪バイクタクシー。(2013年10月恵山市 リ・フン撮影)

交差点で“客待ち”している三輪バイクタクシー。(2013年10月恵山市 リ・フン撮影)

 

三輪バイクタクシーは主に市内および近郊で営業しているが、客の要望があれば長距離走行にも応じるという。もともとは荷物運搬用に当局に登録されたものだが、無許可で人を運ぶのが主流になっているようだ。

続きを見る...

<北朝鮮交通機関の革命的変化> 記事一覧

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…