韓国に集団亡命した北朝鮮食堂の従業員たち。(韓国統一部提供)

電撃的に韓国に亡命した13人の北朝鮮食堂の従業員たち。祖国に残った家族が連座して罰せられる可能性が高い。2016年4月韓国統一部提供

 

4月初旬に中国寧波市の「柳京食堂」で働いていた北朝鮮人の従業員13人が韓国に亡命した事件。北朝鮮内部の人たちはこの事件をどう受け取ったのか? 4月26日、北部地域に住む30代の女性に聞いた。(聞き手 カン・ジウォン)

――4月初めに中国の食堂で働いていた女性ら13人が、韓国に亡命した事件については知っていますか?

はい。知っています。こちらのニュースでもやっていましたね。

――どう思いましたか?

うまくやりました。賢い人たちだから韓国に行ったんでしょう。私でも、もし(中国に)出られるなら、逃げようと考えます。ツテがなくて行けないけど。ちゃんと(韓国に)行けるという見込みがあったから逃げたんだと思います。

韓国に行きたいかと問うたら、10人いたら10人が、100人いたら100人が、1万人いたら1万人が行きたいと答えますよ。今の北朝鮮は、電気も来ないし水道も出ない。とにかく統制だらけ。そんな所で暮らしたいと思いますか? 親がいるから、行けないだけです。

(亡命した)彼女たちは外国に出て暮らせたから、(韓国亡命)できたわけですよね。(普通は)外国に行こうにも行かせないし、国境警備隊はいるし…。
次のページ:軍の高級将校でも韓国に亡命した人が出ました…