政府は飯舘村の避難解除を2017年3月末におこなうと発表した。しかし、山に囲まれた飯舘村では、雨などで土が流れるためすべての除染は不可能だといわれる。福島県伊達市の仮設住宅に暮らす菅野榮子さん(80)と菅野芳子さん(79)は、不安を隠しきれない。古居さんは今後も飯舘村の女性たちを記録するという。(アジアプレス・ネットワーク編集部)
古居みずえ監督に聞く(1)へ

◆日帰り一時帰宅した榮子さんの笑顔が消えた

榮子さんが日帰りで飯舘村の実家に行くというので同行しました。時間が止まったかのような家の中とは対照的に、除染作業で村の景色が変わってしまったと榮子さんは言いました。家の周りに植えた大事な居久根(いぐね)の木も切られてしまったと榮子さんは悲しそうでした。
関連動画を見る:「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」予告編

榮子さんは庭を見回りながら、木々や花に「手をかけられなくてすまないね」と声をかけていました。そこにはいつもの笑顔はなく、怒りの眼をしていました。それは原発によって「家を犯された」怒りです。その後、気分が悪く吐き気がすると言って彼女は仮設に戻ったのでした。カメラを回しながら、心が引き裂かれるような気持ちになりました。

福島県伊達市の仮設住宅で。食卓には、避難先で借りた畑でつくった料理が並ぶ。とれたての新鮮な野菜のおいしさは忘れられないと古居監督は話す。(映画「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」より)

福島県伊達市の仮設住宅で。食卓には、避難先で借りた畑でつくった料理が並ぶ。とれたての新鮮な野菜のおいしさは忘れられないと古居監督は話す。(映画「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」より)

次のページ:人ごとではない原発事故…