90年代半ば、国家によって厳しく供給統制されてきたコメが公然と闇市場で販売されるようになった。政治権力の無残な没落を象徴している。写真は江原道元山(ウォンサン)市の闇市場。1998年11月撮影アン・チョル(アジアプレス)

90年代半ば、国家によって厳しく供給統制されてきたコメが公然と闇市場で販売されるようになった。政治権力の無残な没落を象徴している。写真は江原道元山(ウォンサン)市の闇市場。1998年11月撮影アン・チョル(アジアプレス)

<「苦難の行軍」とは何だったのか?>記事一覧 >>

承前)しかし、私にはそれ以外の選択肢はなかった。私は職場を持っていながらも収入がなかったのだ。政府に何一つ対策のない全社会的混迷運動たる「苦難の行軍」では、誰もが犯罪か死か、あるいは「コチェビ」になるかの三つの里程標に従って「行軍」するしかなかったのだ。

「苦難の行軍」とは何だったのか? (1)へ

「50年間続いた社会主義の共和国」の終幕はこのようにして始まった。 1995年からは、職場に出てくる者は、「超馬鹿者」となった。 私が勤めていた工場大学(従業員が数万名以上になる大企業の高等教育機関)では、学生は労働者や下級幹部であり、自然と休校状態になった。国の上級公務員である大学教員に対してすら、国家からの(配給や給与の)支給はいつの間にか消滅していた。

続きを見る...

※整理者注 国有財産の国家住宅は、個人が所有も売買もできなかったが、その使用権を取引する形で公然と売買されるようになった。

<「苦難の行軍」とは何だったのか?>記事一覧 >>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。