◆「夢の原子炉」破たんの末に……

9月、政府は原子力関係閣僚会議を開き、福井県敦賀市に設置された高速増殖炉の原型炉「もんじゅ」について、事実上の廃炉を決めた。(撮影:新聞うずみ火)

関連記事:安全切り捨て「指定解除」〜続・福島県伊達市ルポ(上)

9月21日、政府は原子力関係閣僚会議を開き、福井県敦賀市に設置された高速増殖炉の原型炉「もんじゅ」について、事実上の廃炉を決めた。(新聞うずみ火/伊藤宏)

1983年に設置許可がおり、85年に着工、95年に発電をしたものの、直後にナトリウム漏れ事故を起こした。以来、一度も再稼働されることなく今日に至っていた、もんじゅだったが、ついに廃炉ということになった。

この間に投じられた費用は国の発表でも1兆円余り。壮大な無駄遣いにようやく終止符が打たれようとしている。

高速増殖炉とは、プルトニウムを燃料として高速の中性子を使って運転しながら、燃焼した以上のプルトニウムを生み出す「夢の原子炉」と言われた。その開発は実験炉(茨城県に建設された「常陽」)、原型炉、実証炉、実用(商用)炉という段階があるが、世界的にもフランスが実証炉にたどり着いたものの、実用化の例はない。現在、開発を進めているのは日本だけだが、原型炉段階で頓挫したことになる。

もんじゅはまた、国の核燃料サイクル政策の要の施設でもあった。

核燃料サイクル政策は、「資源少国」日本のエネルギー政策の柱として進められてきた。一般的には一つの輪のように受け取られているが、実際には「軽水炉サイクル」と「高速増殖炉サイクル」の二つの輪があり、エネルギー政策的には高速増殖炉サイクルが機能して初めて有効となるものだ。

もんじゅの廃炉によって、高速増殖炉サイクルが破綻した今、核燃料サイクル自体も完全に破綻したことになる。軽水炉サイクルのみでは、単なる燃え残りの燃料の再利用にしかならない。しかも、プルトニウムというやっかいな核物質をため込むだけのものになる。

1 兆円超の税金の無駄遣いは、これまでに何度もあった廃炉の機会を、ことごとく無視した結果、膨れあがった金額だ。ナトリウム漏れ事故後に発覚した動燃(当時の運営主体であった動力炉・核燃料開発事業団)の不祥事、フランスの高速増殖炉開発撤退、設置許可を無効とした2003年の名古屋高裁金沢支部の判決(最高裁で原告の逆転敗訴)、10年の運転再開直後に起きた燃料交換装置の落下事故、そして、12年に発覚した約1万件に及ぶ機器点検漏れ……などなど。それでも、存続にこだわった理由は何だったのか。
次のページ:もんじゅは停止していても年間200億円の維持費がかかる...