闇市場の食べ物売り場を徘徊していた「コチェビ」の少女。1998年10月江原道元山(ウォンサン)市にて撮影アン・チョル(アジアプレス)

闇市場の食べ物売り場を徘徊していた「コチェビ」の少女。1998年10月江原道元山(ウォンサン)市にて撮影アン・チョル(アジアプレス)

1990年代半ばの大社会の混乱期には、親を失った子どもたちが、路上や市場を彷徨っていた。その中には少女もいたが、性的な被害と搾取の対象となるケースが多かったという。飢える少女たちは、わずかの食べ物を対価としての性被害に遭うのだ。

2004年7月清津市で撮影された映像を見ると、一人の男が少女コチェビに近づいて何事か囁く場面が撮影されていた。撮影者は二人を長時間観察したが、男性はしつこく少女に付きまとい離れなかった。

2000年代に入っても、市場や路上には少女コチェビたちの姿がなくならなかった。北朝鮮内部記者の金東哲(キム・ドンチョル)は、路上に捨てられた女の子を男が連れて行ってしまったケースを紹介しながら「よくあることです」と嘆息する。

最近でも、地方都市には少女コチェビの姿が絶えない。彼女たちが性被害に遭っていないか、憂慮される。(石丸次郎)
次のページ:動画を見る 性的被害に遭うホームレスの少女たち…

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう