乳飲み子を連れ路上で餅やパンを売る女性。日傘に化粧を忘れない。2007年7月黄海北道の沙里院市にて撮影。(アジアプレス)

1998年元山市。アジアプレスが撮影した大社会混乱期=「苦難の行軍」期の映像を見ると、市場に出てきた女性たちは、皆一様に疲れた表情で座っている。日焼けして黒く、化粧気のない顔ばかりである。当時、家族を養うために商売に身を投じた女性たちには、身だしなみに気を使う余裕がなかったのである。
関連記事:<北朝鮮写真報告>哀しき北朝鮮の女性たち4 「オトコの視線? 気になりますよ」 重労働の日々も身だしなみは忘れない (写真4枚)

2003年に商売が合法化されると、彼女たちにも少しずつ余裕が出て、化粧をして身なりを飾り始めた。市場では、韓国、中国、日本製の化粧品が売られていた。化粧品を売る女性は、客に熱心に商品の説明をする。

男性は職場に出勤しないと罰せられるため、女性たちが市場の主役だ。乳児を抱いて食べ物を売る女性も、日傘をさして化粧をするのを忘れない。路地裏で商売する女性たちには、しっかりメイクしている人が多い。

平壌に住む取材協力者の女性は次のように言う。
「ろくなものを食べていなくとも、胃袋の中まで他人には見えません。人は外見で判断しますから、女性たちは化粧と服装に神経を使うのです。やはり、男性からは綺麗に見られたいものなんです」

今では、北朝鮮のどこの都市に行っても、きれいに化粧した女性たちの姿は珍しくない。まだ北朝鮮の庶民暮らしは厳しい。だが、暮らしの糧を得るための「闘い」の中で、女性たちは身だしなみに随分気を使うようになった。
次のページ:動画を見る 路地裏の女性たちが身だしなみに気を使う…

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう