北朝鮮の同僚が自分の足元を撮影してメールで送ってきてくれた。2015年1月撮影。

 

今年の旧正月は1月末であった。

「新年、福多きことを!」 

北朝鮮に住む取材パートナーたちから事務所に、相次いで年賀の連絡をもらった。嬉しいことだ。このあたりは、北朝鮮の人は律儀だと思う。(石丸次郎)

北朝鮮国内と、いったいどうやって連絡を取っているのか? とよく訊かれる。種明かしをすると、密かに北朝鮮国内に搬入した中国の携帯電話を使っている。北朝鮮と中国は鴨緑江と豆満江の二本の川が国境線となっていて、電波が北朝鮮側数キロまで届く。この数年はスマートホンも投入して、通話やメールのやり取りしている。北朝鮮内の「同僚」は各地に住む男女約10人だ。

私と同じ方法で北朝鮮国内と連絡を取っている人が、実は少なくない。脱北して韓国、日本、欧州などに住む人たちが、愛する家族や友人と中国の携帯電話を使って安否を確認し合っている。また、国境地帯で活動する密輸屋にとっても、中国の携帯電話は必需品になっている。

さて年賀の連絡だが、今回はメールを送って来る人が大部分だった。旧正月の折、北朝鮮の北部地域は大雪が降ったそうなのだが、人のいない山に分け入って連絡をくれた。この時期、気温は零下20度を下回る。おそらく震えながら、かじかむ手に、はあーはあーと息をかけてメールを打っていたのだろう、私たちからの返信に対する反応がえらく遅かった。

◆金正恩政権は「違法通信」妨害に躍起

寒い中を彼・彼女たちがわざわざ山に入るのは、人目を避ける意味もあるが、電波状態の良い場所を探してのことである。中国の携帯電話の使用は違法だ。自国民が外国と自由に連絡するような事態に、北朝鮮政権もただ手をこまねいているわけではない。

電波探知機を導入して携帯電話の発信元を探索し、さらに国境一帯に妨害電波を発して通話させないようにしている。数年前からこの妨害電波が強力になった。中国側でも携帯電話が使えなくなっている都市があるほどだ。
関連記事: 携帯電話が使えない! 北朝鮮の強力妨害電波で中国側の通信障害が拡大

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう