(参考写真)金正恩氏への絶対忠誠を求める住民集会の様子。2013年6月北部地域にて撮影

 

北朝鮮報道に携わっていながらこう言うと不謹慎かもしれないが、もう、げっぶが出そうである。

2月にマレーシアで発生した金正男氏殺害事件、相次ぐミサイル発射実験、そして「四月危機説」と、テレビも新聞も北朝鮮問題を途切れなく大きく扱っている。明らかに過剰だと思う。そして、大切な部分が抜け落ちていると思う。肝心の北朝鮮国内の事情だ。

今回は、金正恩氏のことを北朝鮮の人々がどう評価しているのかについて書きたい。

実質的に金正恩政権が発足してからの5年間、アジアプレス内で筆者が主宰する北朝鮮取材チームは、国内で調査を担っている取材パートナー10数人を含めて、のべ約600回、70人以上の北朝鮮の人々と接触してきた。北朝鮮の民心は、私が特別に関心をもって調べてきたことでもある。結論から言うと、夫人の李雪主(リ・ソルジュ)氏に対する不評も加わって、現在の金正恩氏の評判は散々だと言っていい。
関連記事:<北朝鮮内部>評判悪い金正恩夫人のリ・ソルジュ氏 「贅沢する派手好き小娘」イメージが拡散

1984年生まれとされる金正恩氏が北朝鮮の党と国家のトップに就いたのは2012年、推定28歳の時だった。三代にわたる権力世襲を世界は奇怪と受け止め非難の視線を向けたが、北朝鮮の人々からは、執権の初期、多くの反対の意見と共に、私にも意外だったのだが、金正恩氏に期待する声もあったのである。曰く、

「若い人だから新しい政治をやってくれるかもしれない」「外国生活の経験があるらしいので、もしかしたら改革開放に向かってくれるのではないか」と言うのだった(金正恩氏は小中学時代に4年間スイスに滞在)。

ほぼ65年続いた金日成-金正日の統治の間、北朝鮮政権はずっと「朝鮮革命」のために国民を動員してきた。「米国の植民地状態にある韓国を解放して社会主義の下で統一する」ことを国是としてきたのだ。だが世界は変わった。冷戦構造が崩壊し、同じく社会主義を標榜する中国が目覚ましい経済発展を遂げたことを北朝鮮の人々はよく知っており、若い金正恩氏に変化を期待したのである。

それから5年、北朝鮮の政治は何も変わらなかった。国民は今も「朝鮮革命」の戦士であることを求められ、唯一人の指導者たる金正恩氏に、無条件に絶対忠誠、絶対服従することを制度として強いられている。2013年末に叔父で実力者の張成沢(チャン・ソンテク)氏を粛清・処刑した頃から、金正恩氏の評価は急落、失望と反発の声ばかりが届くようになった。

次のページ:最近、電話やメールで話を聞かせてもらった...