平壌市郊外にある三登(サムドゥン)刑務所の外景。2009年8月撮影アジアプレス

北朝鮮からかかってきた電話の声から、その人が心と体を激しく痛めつけられたことがすぐに察せられた。嗚咽(おえつ)が混じり、時におぞましさを思い出して怒り、わなわなと声を震わせた。

電話の声の主は北朝鮮北部に住む30代の女性。最近まで咸鏡北道会寧(フェリョン)市近くに位置する12号教化所(刑務所)――通称・全巨里(チョンゴリ)教化所に収監されていた。北朝鮮に住む取材パートナーから紹介を受け電話でロングインタビューすることができた。名を仮にウンスクさんとしよう。 本人の安全のため、具体的な罪名と拘禁、釈放された時期は伏せる。

北朝鮮の人権状況が劣悪なことは、久しい前から広く知られている。だが、実は金正恩時代になってから人権蹂躙(じゅうりん)の事例報告は減っている。国内での実情を外部世界に伝えてきた脱北者が、国境警備の厳格化によって激減したため、内部情報が伝わりにくくなったからだ。
関連記事: 金正恩時代になって強制労働施設の収容者が急増 「殴打と栄養失調で死亡者続出」と出所者が証言

中国近くに位置する全巨里教化所  (図作成 アジアプレス)

全巨里教化所については、2015年12月に韓国国家機関の統一研究院が「教化所」を発刊、2017年2月には民間のシンクタンク現代峨山(ヒョンデアサン)政策研究院が「北韓教化所内の人権実態~全巨里教化所内の死亡と病気の比率を中心に~」を刊行した。いずれも、収監体験のある多くの脱北者に面接して聞き取った貴重な調査だが、収監時期が2012年以前の人が大部分、つまり金正恩政権発足以前の体験が中心となっている。

金正恩政権発足後に人権状況が改善されているなら素晴らしいことだ。しかし、ウンスクさんとのインタビューで、依然して民衆が身の毛のよだつような扱いを受けていることが分かった。彼女の証言を記したい。
次のページ:想像絶する「12号教化所」 まるで死の刑務所...