取り残しの指摘を受けて実施した2017年4月12日の再作業の完了報告の一部。ここで示された写真でもアスベストの取り残しとみられるものが写っているという(堺市提供資料より)

大阪府堺市が書類送検された煙突のアスベスト違法工事後の2017年3~4月に実施された現場の後片付けの工事で起きた「取り残し」疑惑。市の指示で隠ぺいされたアスベストの取り残しは存在するのか。(アジアプレス/井部正之)

◆専門除去業者が取り残し断言

「あー、これは残ってますね」

堺市が隠ぺいを指示した報告書に載っていた写真を見て即答したのは煙突のアスベスト除去を専門に行う除去業者だ。

その除去業者に見てもらったのは書面をそのままの見た目でデータ化したPDF文書である。まずその業者が指摘するのは改ざん前の報告書の19ページ上段の写真だ。写真を拡大して見ながら、こう説明する。

「躯体のコンクリートが光の加減で白くなることはあるけど、こういう帯状に残っているのは経験上(アスベストが)残っていると思う。煙突から(除去装置を)引き上げる速度を失敗するとこういうふうに螺旋状に残るんですよ」

煙突専門の除去業者がアスベストの取り残しがあると指摘した写真。もともと現場を見た分析機関が「螺旋状に除去残しが確認できる」と報告したもの(事業者提供資料より)

次のページ:煙突内のアスベスト除去は超高圧水で...

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう