1974年に策定された旧「十大原則」の現物。金日成-金正日絶対独裁のための掟であった。

1.全社会を金日成-金正日主義化するために、身を捧げて闘争しなければならない。

全社会を金日成-金正日主義化することは、我が党の最高の綱領であり、党の唯一的領導体系を打ち立てる事業の全的な目標である。

1) 偉大な金日成-金正日主義を我が党と革命の永遠の指導思想として、確固として身に付けていかなければならない。

2) 偉大な金日成同志が創建され、金日成同志と金正日同志が領導されてきた我が党と国家、軍隊を永遠に金日成、金正日同志の党と国家、軍隊として強化発展させていかなければならない。

3) 偉大な金日成同志が打ち立て、首領様と将軍様が輝かせた最も優れた我われの社会主義制度を揺ぎなく保衛し、堅固に発展させるため献身的に闘争しなければならない。

4) 主体思想の旗、自主の旗を高く掲げ、祖国統一と革命の全国的勝利のため、主体革命偉業の完成のために、積極的に闘争しなければならない。

5) 全世界での主体思想の勝利のために、最後まで闘わなければならない。