過激派組織「イスラム国」(IS)。2014年8月シンジャルを襲撃。(IS映像)

2014年8月、イラク北西部のシンジャルで大きな悲劇が起きた。過激派組織「イスラム国」(IS)が、シンジャル一帯の町や村を一斉に襲撃したのだ。住民の多くは、少数宗教ヤズディ教徒だ。ISは住民に銃を突きつけ、イスラムへの改宗を受け入れなかった男たち1000人以上を次々と殺害。3500人を超える女性や子どもを「戦利品」などとして拉致していった。

関連記事:<イラク>北部シンジャルも「イスラム国」が制圧~多数のヤズディ教徒を殺害か

IS襲撃前のシンジャル市内(2012年 撮影:玉本英子)

「イスラム国」によって町を制圧され、脱出しようとする住民たち。「逃げる途中、たくさんの死体が道路に転がっていた」と住民は現地から電話で伝えてきた。(2014年8月 地元住民撮影)

ISによるシンジャル襲撃から一か月後、私はイラクに入った。シンジャルとその一帯はISが支配を固め緊張が続いていた。殺戮からの逃れた数万のヤズディ教徒たちは、北東部のクルド自治区に逃れ、国内避難民となっていた。

一方、幹線道を閉ざされ、行き場を失った住民がシンジャル山に逃げ込んだ。炎天下の気温と途絶える食料のなか、息絶える老人や子どももあいついだ。山で孤立した住民は約1万といわれる。イラク軍、英米軍らの輸送機が投下した支援物資で命をつないでいた。私はシリア側からクルド部隊・人民防衛隊(YPG)に同行し、ISの前線地域を抜けて、シンジャル山に入った。

8月3日、イスラム国はシンジャル山周辺地域を制圧。シンジャル山は土漠地帯に伸びる60キロにわたる長大な岩山で、川も木も少ない。真夏の50度を超える気温のなか、孤立した人びとは飢餓と脱水症状に直面する。写真の老人は、衰弱して力なく横たわっている。(2014年8月・イラク・ニナワ県シンジャル山:住民が携帯電話で撮影)

シンジャル山の頂上付近にひろがる脱出民のテント。ふもとの町や村はイスラム国に制圧されたままだった。(2014年9月、イラク・ニナワ県シンジャル山・撮影:玉本英子)

家を奪われ、救援も来ない状態のなか、人びとは絶望の淵にあった。彼らの家族、友人の誰かが殺されたり、拉致されるなど犠牲となっていた。(2014年9月、イラク・ニナワ県シンジャル山・撮影:玉本英子)

ISはシンジャル制圧直後、宣伝映像を公開。「ヤズディは悪魔崇拝の邪教」「イスラムに改宗した住民は手厚く保護」などと主張した。だが、脱出住民の証言では銃を突きつけ改宗を迫り、見せしめで銃殺。見せしめに首を切り落とすなどしたという。また逃げようとした住民も殺害されている。
次のページ:ヤズディ教徒はなぜ狙われたのか...

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう