(参考写真)労働現場に連れて行かれる「労働鍛錬隊」の収容者。2008年9月黄海南道東ヘジュにてシム・ウィチョン撮影(アジアプレス)

◆見せしめの「群衆審判」とは

北朝鮮各地で、広場などで公開的に行う「群衆審判」(公開裁判)が頻繁に行われていることが分かった。非社会主義、反社会主義行為で逮捕された人々が対象とされており、社会統制の引き締めのために、住民に恐怖心を植え付けるのが目的だと思われる。(カン・ジウォン)

7月17日、北朝鮮国内の取材協力者は、保安員(警察官)から直接入手した情報だとして、
「『群衆審判』が全国的に行われている。6月29日には咸鏡北道の羅先(ラソン)市で、男性2人、女性2人に対する『群衆審判』行われた。私が住んでいるA市でも近々行われるだろうとのことだった」
と伝えてきた。

北朝鮮の「群衆審判」とは何か?

法律に基づいて裁判所で開かれる公判ではなく、当局が「政治的目的」によって公の場で容疑者を裁き、時には処刑までする形態である。目的は、見せしめによって多くの住民に恐怖を与えることだ。全国の市、郡、里で、一般住民を集めて行われるのが特徴である。北朝鮮では珍しいことではなく、「公開裁判」と呼ぶれることもある。

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう