厚生労働省の出先機関である都道府県労働局のうち、福島や兵庫など計13労働局で永久保存とされているアスベスト関連文書計220件が誤って廃棄されていたことが明らかになった。大規模なアスベスト関連文書の誤廃棄が判明したのは2015年に続いて2度目となる。(井部正之・アジアプレス)

アスベスト関連文書の誤廃棄を公表する発表資料の一部。2015年に続いて永年保存のアスベスト関連文書計220件が誤廃棄された(井部正之撮影)

◆情報公開請求がきっかけ

厚労省労働基準局総務課によれば、今回の大規模な誤廃棄が発覚したのは、埼玉労働局管内の川越労働基準監督署に対して3月14日に個人情報の開示請求があったのがきっかけ。同監督署および労働局で3月15~16日に当該文書を探したが見つからず誤廃棄が判明。同労働局が連絡し、本省の知るところになった。

4月には神奈川労働局でも同様の事例が発覚。立て続けに誤廃棄が見つかったことから、同省は5月11日、全国の都道府県労働局に対し、アスベスト関連文書の管理状況について調査し、6月末までに報告するよう指示した。

その結果、埼玉、神奈川を除く福島、千葉、新潟、石川、三重、京都、兵庫、和歌山、広島、福岡、長崎の11労働局で計214件の誤廃棄が発覚した。同省指示以前に調査をしていた埼玉、神奈川を加えると13労働局で計220件に上る。

同省は各労働局に対し8月10日の公表を指示。11労働局は一斉に誤廃棄を記者発表した。そのため同日、地方紙や全国紙の地方欄に多くの記事が掲載されることになった。

もっとも誤廃棄が多かったのは福島労働局で計91件に上る。兵庫50件、新潟25件と続く。そのほかでは長崎17件、千葉15件、埼玉5件、福岡5件、京都4件、広島3件、三重2件、神奈川1件、石川1件、和歌山1件。

内訳は監督復命書62件、安全衛生指導復命書61件、建設工事計画届71件、建築物解体等作業届19件(うち2016年度以降作成1件)、労災保険給付等調査復命書7件。

誤廃棄された文書は、ほとんどが計5万9788件の文書が誤廃棄されたことが発覚した2015年度以前に作成されたものだ。建築物解体等作業届1件だけが2016年度以降の作成だ。

同省総務課は「2015年度より前の文書で廃棄されてしまっているということは、同年度に本省の指示で分別作業をしたが、その課程で一部もれているものがあって、通常の文書の時期で廃棄されてしまったのかなと思います」と推測する。

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう