牛を引く農村女性。2008年10月に平壌郊外の農村で撮影チャン・ジョンギル(アジアプレス)

 

北朝鮮の人々がもっとも憐れみ、また蔑み、もっとも辛い職業だと口を揃えるのが協同農場員である。

軍隊、平壌市民、警察、官吏、軍需産業労働者ら、国家が優先的に食糧を配給する組織と地域のために土地を耕すのが任務だ。規定のノルマ超過分が農民の取り分となるが、設定されるノルマが高過ぎて、構造的に貧困から抜け出られなくなっている。

生産物をずっと国家に収奪されながら、職業を変えることも、都市に移り住むこともできない。農村に生まれれば、子、孫、ひ孫の代まで協同農場員だ。例外は女性が都市男性と結婚した場合くらいだ。

実質的な身分制が北朝鮮には今も存在する。(石丸次郎)
【写真特集】哀れな女性兵士たちの素顔 部隊内で栄養失調蔓延 性被害も多発

女性が身の丈の倍はありそうな丸太を何本も担いでいる。薪として売るために山から切り出してきたと思われる。2008年8月黄海南道 海州市郊外で撮影シム・ウィチョン(アジアプレス)

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう