◆取り上げられるための農業

9月に入り、北朝鮮各地に新しい「布告」が発せられたようである。(布告=厳格な取り締まり・統制を予告する告示のこと)

詳細は調査中であるが、秋の収穫期を迎え、協同農場からコメやトウモロシを流出させる行為を厳罰に処す、という内容のようだ。

約100万人の軍隊や平壌市民、警察、党、行政の役人向けの配給食糧は、そのほとんどが協同農場で生産される。これら「体制の要」を食べさせるために、各農場には厳格な供出ノルマが課せられる。農場員たちは、「取り上げられる」前に、収穫を隠匿して都市に売ろうとする。それを厳しく禁じる処置だ。
【写真特集】秘密カメラが捉えた困窮する農村女性たちの姿(9枚)

北朝鮮も今夏は猛暑で、農作物に干ばつ被害が出ている。「トウモロコシが立ち枯れした畑が多い」と各地の取材協力者は伝える。

権力機関や平壌向けの穀物が不足することがないよう、早くも農民から生産物を収奪する準備が始まったようだ。(ユ・ミンテ)

町はずれの路地で近隣の農民が野菜やウサギなどの家畜(右上の籠の中)を売っている。2008年10月に平壌市郊外で撮影チャン・ジョンギル(アジアプレス)

町はずれの路地で近隣の農民が野菜やウサギなどの家畜(右上の籠の中)を売っている。2008年10月に平壌市郊外で撮影チャン・ジョンギル(アジアプレス)

電力難で水道が出ず井戸水を天秤棒で運ぶ少女。2008年10月に黄海南道の農村で撮影シム・ウィチョン(アジアプレス)

今も生徒たちにはドングリ集めが課される。主に酒を造る。「夏休み中に18キロ集めないといけない」と、山から戻る途中の女子中学生たち。背嚢に薪用の木が見える。2008年8月、黄海南道の農村で撮影シム・ウィチョン(アジアプレス)

 

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう