(参考写真)豚肉、野菜、冷麺に白飯と、市場外れの露天食堂にちょっと豪華なおかずが並ぶ。2005年6月平安南道にて撮影リ・ジュン(アジアプレス)

◆目の敵にされる個人食堂

北朝鮮当局が10月に入って個人の食堂運営を中断させたと、咸鏡北道会寧(ハムギョンプクド・フェリョン)市のアジアプレスの取材協力者が伝えてきた。個人による経済活動の活発化をけん制し、国家機関が運営する食堂の利権保護が目的のようだ。(カン・ジウォン/石丸次郎)

【写真特集】 のり巻き、そば、「人造肉」まで。これが大人気の北朝鮮の個人食堂だ(7枚)

「10月11日から個人食堂の運営を全面中止させた。 保安員(警察官)が巡回して食堂の営業を中止するよう通告している」
この取材協力者は電話で現地事情をこのように伝える。

この20数年、個人が自分の家や倉庫を改造して、そば、豆腐、肉料理などを提供する無許可の食堂を運営してきたが、会寧市の場合、「商売がうまくいっているそば店の場合、1日に中国200元(約3300円)の高収入をあげる店もある」と協力者は説明する。
次のページ: では、なぜ個人経営の食堂が... ↓