ヨーロッパ滞在中に23歳で拉致された有本恵子さん。(家族提供写真)

1月12日、神戸市出身の拉致被害者・有本恵子さんが59歳になった。

年齢も近く、同じ関西の出身者として、毎年1月に報じられる有本さんの誕生日のニュースには、やるせない思いになる。佐渡島から拉致された曽我ひとみさんの家族の渡日が実現した2004年7月以降、歴代のどの政権も拉致問題をまったく前進させられていないのに、恵子さんと両親の齢だけが重なっていったからだ。

日本の政治と外交がうまくやっていれば、事態は前進させられたのではないか? 報道はもっと貢献できたのではないか? いや、むしろ報道が膠着の原因の一つになっていたのではないか? そんな逡巡がずっと消えない。

2002年9月に金正日氏が日本人拉致を認め、「8人死亡4人未入国」と公表した後、日本社会には北朝鮮に対する報復・懲罰感情が溢れた。「やり返せ」「締め上げろ」という言葉がメディアでも飛び交った。協議優先を唱える者は「売国奴」、「媚朝派」呼ばわりされたりもした。

威勢のいい言葉を声高に叫ぶ政治家も少なくなかった。西村眞悟衆院議員や石原慎太郎東京都知事(いずれも当時)らは、「日本が経済制裁すれば北朝鮮は崩壊して、拉致問題は解決する」という荒唐無稽で無責任な論陣を張った。

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう