韓国で北朝鮮国旗と日の丸が交差した珍しい光景。2018年2月の平昌五輪閉幕式で 撮影 石丸次

 

2018年、金正恩政権は南北交流に踏み出した。政治家や官僚、経済人だけでなく、芸術団がソウルと平壌を往来して公演し、スポーツでは平昌(ピョンチャン)冬季五輪の女子アイホッケーを皮切りに、アジア大会、卓球世界選手権などに南北合同チームが出場した。南北朝鮮の接触面が、少しずつではあるが久しぶりに広がった。

スポーツの南北合同チームは興味深かった。南北の若者たちが、急造チームでどれくらいうまくやれるのか、互いにどのように接するのかに注目が集まった。なんせ、競技用語から南北では随分違う。北朝鮮ではバスケットのパスは「ヨンラク=連絡」、卓球のサービスは「チョノッキ=打ち入れ」というのだそうだ。

韓国のテレビ放送を見ると、南北合同チームの女子選手たちは、ファッションや髪形がはっきり違っていて、一目で南北の選手の区別がついた。韓国の選手たちは皆おしゃれだ。多くが髪を長く伸ばし、茶、金に毛染めし、サングラスをかけ、化粧にも気を使っている。一方の北朝鮮の女子選手たちは全員が黒髪で、多くはおかっぱ頭で化粧気もない。

北朝鮮の選手たちは、振る舞いもとても遠慮がち、引っ込み思案に見えた。韓国の同世代と接するのは、ほとんどがおそらく初めてだったはずだ。彼女たちどんな心情だったのだろうか? 北朝鮮の体育界にいて脱北した男性に聞いてみた。

「北の選手たちは、南の選手と接触して衝撃を受けたことでしょう。ファッションや競技道具、持ち物を見て韓国の経済発展を実感したでしょうし、韓国の若者の自由奔放なふるまいをうらやましいと思ったはずです」
関連記事 <北朝鮮内部>南北対話で韓国に傾き始めた民心 金正恩政権に脅威か

韓国選手たちは天真爛漫だった。北の選手に抱きついたり肩を抱いたり、別れの時は涙を流す。一方の北の選手たちは、随分ぎこちなく、目立たぬように振る舞っているという印象がぬぐえなかった。

◆チームメイトに監視役が

「緊張したはずです。選手やコーチたちは出発前に必ず思想学習を受けます。韓国の選手や関係者に『過ぎた好意』を見せると、後から『思想変節した』と批判される恐れがあります。手紙や物品を勝手に受け渡しするとスパイ行為をみなされかねないし、一人で出歩くと逃亡の意志を疑われます。代表団の中には、必ず国家保衛省(秘密警察)の監視要員がいます。さらにチームメイトやコーチの中に監視任務を与えられた者がいます。それが誰なのか、選手たちにも分からないのです」

と、前述の脱北スポーツ人は解説する。

ガチガチに統制したって、北朝鮮に帰った若者たちの記憶まで消すことはできない。昨年中、スポーツに限っても、おそらく100人単位の選手、コーチ、関係者が韓国人と時と場所を同じくしたはずである。彼女・彼らは、世界と南の実情に触れ、自らが住む社会を相対化して考えるきっかけを得たはずだ。南北の接触は多ければ多い方がいいに決まっている。