頂上まで開墾された山。木がほとんどないのが分かる。2010年5月に鏡北道ムサン郡を中国側から撮影リ・ジンス

北朝鮮当局が野山や農地周辺のすべての墓の移転と、埋葬されていた亡骸の火葬を住民に強いていることが分かった。理由は農地の確保と森林の回復だというが、先祖の墓の移転は自己負担。住民に不満が拡がっている。咸鏡北道(ハムギョンブクド)と両江道(リャンガンド)の取材協力者が伝えてきた。(カン・ジウォン/石丸次郎)

墓の移転は、道路と鉄道周辺から始められた。4月10日までが第一期、6月10日までが第二期の移転期限とされ、移動しない墓は、管理する者がいないとみなして当局が処分するという。

「なぜ先祖の墓にまで干渉するのか。昔から埋葬して3年は動かしてはならないと言われてきたし、墓を下手に動かすと三代が滅びると、不安に思う人も少なくない。特に死亡してから間がない場合、遺体が完全に骨だけになっているわけでない。そんな亡骸をどうやって運べというのかと、住民は気をもんでいる」」
と、両江道の取材協力者は、このように述べる。
次のページ: 「火葬させて当局が金儲け」と不満...

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします