(参考写真)北朝鮮でもっとも貧しいのが農民だ。写真は平壌郊外の農村で大きなズタ袋を背負った農村女性の姿。2008年10月に撮影チャン・ジョンギル(アジアプレス)

北朝鮮各地の農村で飢餓の兆候が現れている。例年、春から初夏にかけて、前秋に分配された収穫を食べ尽し、秋の収穫までの端境期に食糧難に陥る「ポリコゲ」(春窮)が発生する。だが、今年は早くも4月初めから食糧を食べ尽してしまった「絶糧世帯」が発生し、各地の農場管理委員会は非常事態になっていると、農場現地を訪れて調査した複数の取材協力者が伝えてきた。(カン・ジウォン/石丸次郎)

咸鏡北道会寧(フェリョン)市の大徳里(デドクリ)、元山里(ウォンサンリ)などの協同農場で調査した取材協力者は次のように述べる。

「食べ物もお金も尽きて出勤できない農民が増えている。農場管理委員会では、この『絶糧世帯』の農民に対し、休暇名目で時間を与えるので自力で食べ物を調達せよ、薬草や山菜を採って市場で売って凌ぐようにと通達したが、今の時期には現金になるものなんて採れない。

農場では予備用の穀物1~2カ月分を、田植えや草取りなどの農繁期用に保管するが、ある農場では4月初めの時点で20日分しかなく、農民に何も与えられずにいた。出勤している農場員に聞いたが、彼らですら1日2食しか食べられないとのことだった」

両江道の農場も同様に深刻なようだ。
「近隣の農場では、農民の七割はジャガイモだけで凌いでいる有り様だった」と、調査に赴いた取材協力者は言う。北朝鮮でジャガイモ食は、飢饉になる前段階を意味する。春先から、相当な困難が始まっていると捉えるべきだろう。(トウモロコシ粥だけになると餓死者が発生し始める)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします