2016年1月に北朝鮮労働者が焼身自殺した時のものとされる写真。RFAが入手した。

◆4年働いて1000ドルしか残らず

4月中旬、ロシアのウラジオストクで、北朝鮮からの派遣労働者の男性が飛び降り自殺したと、米国の自由アジア放送が(RFA)が現地の複数の消息筋の話として18日に報じた。北朝鮮当局の過度な搾取に耐えられず、ビル工事現場の12階から飛び降りたという。
【関連写真を見る】秘密カメラが撮った劣悪な国内建設現場の実態(10枚)

RFAが伝えところによれば、この男性は30代後半で、4年前に金正恩氏の統治資金を調達する「労働党39号室」の傘下機関である対外建設指導局から、建設労働者としてロシアに派遣された。しかし、北朝鮮当局と所属会社の幹部から際限なく搾取され、4年間働いてもお金を貯めることができず悲観していたという。

RFAは、消息筋の話を引用して男性の境遇を次のように伝えている。
「北朝鮮からロシアに来た派遣労働者は、1人当たり毎月50万ルーブル(約8万7500円)をノルマ金として国に納めなければならない。仕事が少ない冬にはそれが果たせないため、ツケ回しにされて、春になってからは朝7時から一日14時間~16時間働いて、必ず上納しなければならなかった。

北朝鮮の労働者たちは、この国のノルマ金に加えて、金正恩氏肝いりで両江道(リャンガンド)に建設中の三池淵(サムジヨン)の観光特区や、元山(ウォンサン)観光地区、さらに首都平壌の建設支援の金を要求されていた。また共同宿所の家賃と管理費(水道代、電気代)、食料や副食品の購入も自分で解決しなければならず、タバコ、石鹸のような生活必需品もまともに購入できない境遇だ。さらに、ロシアに残留して仕事を続けるためには、所属する会社の幹部らに賄賂まで渡さねばならない」

RFAによれば、自殺した男性はロシアで4年間働いて手元に残ったお金はわずか1000米ドル程度だった。最近、ロシアでは北朝鮮労働者の逃亡や自殺が頻発しているという。
ウラジオストクでは、2016年1月に北朝鮮労働者が焼身自殺している。

ロシアには極東地域を中心に北朝鮮労働者が3万人程度派遣されていたと見られるが、国連の制裁強化後の2018年に大挙帰国させられていた。(カン・ジウォン)