中国公安当局が立てた密輸、麻薬売買禁止の看板。2017年7月に撮影石丸次郎

◆暴騰したガソリン価格が安定 その理由は?

国際社会から厳しい経済制裁を科されている北朝鮮。輸出だけでなく、ガソリンなどの石油製品の輸入も厳しく制限されている。2017年12月に国連安全保障理事会で満場一致で採択された制裁決議「2397号」は、石油製品を50万バレル以下しか北朝鮮に輸出してはならないと定めた。2016年に比べ90%近い削減。金正恩政権にとっては大きな打撃であった。
【関連写真を見る】経済難でボロボロの廃墟になった北朝鮮各地の工場(10枚)

北朝鮮国内のガソリン価格はすぐに上昇した。2018年に入ると、一時、1リットル当たり300円超に跳ね上がった。ところがそれから半年後、ガソリン価格は、徐々に下がり始めた。

今年4月後半は、1リットル当たり140円程度で安定推移している。中国やロシアから、制限量を超えるガソリンが搬入されているためだと思われる。

◆コメ袋に偽装してガソリン密輸

密輸も活発だった。「瀬取り」と呼ばれる海上での密輸の他、中国から陸路で運ばれていた実態が分かった。ガソリン密輸について調査してきた北朝鮮に住む取材協力者は、次のように報告してきた。

「北部の両江道(リャンガンド)では、ガソリンが入ったビニール容器をコメ袋で包装し、食糧を偽装して密輸してきた。ガソリンが中国から10トントラックで大量に運ばれて来るのを何度か目撃した」
次のページ: この協力者によれば、北朝鮮側で偽装輸入しているのは... ↓