4月27日に金正恩氏はウラジオストクを訪問、プーチン大統領と初めての首脳会談に臨んだ。朝鮮中央通信より引用。

◆油も食糧も肥料もロシアがくれる?

ロシアに近い咸鏡北道(ハムギョンブクド)に住む取材協力者は5月2日、4月末の金正恩―プーチン会談以降、一般住民や貿易業者の間でロシアの支援と経済協力に期待する声が急に高まっているとして、次のように伝えてきた。

【関連写真を見る】 経済難でボロボロの廃墟になった北朝鮮各地の工場(10枚)

「労働新聞などの媒体が、金正恩の訪ロは成果があったと大々的に報じたせいだろうが、住民の間から、ロシアから燃料、肥料、農薬、食糧などがもらえるかもしれないと、期待する声がたくさん出ている。また、ロシアによる大規模投資と支援、貿易拡大に望みを託す貿易商社も多い」

この「ロシア株上昇」の背景には、2月末のハノイ朝米会談が物別れに終わったことへの失望がある。経済制裁の緩和がまったく見通せなくなり、むしろ、貿易の9割を依存してきた中国は制裁遵守の姿勢を明確にしている。

中国はハノイ会談直後の3月初めから通関検査を厳格化し、さらに国境での密輸取り締まりも徹底させた。北朝鮮の国営貿易商社は八方ふさがりになっていた。貿易や合弁事業の不振は極めて深刻だ。

◆ロシア人観光客にまで貿易提案

「金正恩の訪露以降、多くの貿易業者がロシアと接する羅先(ラソン)市に出向いて、ロシア人観光客にまで貿易取引を持ちかけている。会社の営業内容や連絡先をロシア語で記した営業チラシを作って、あちこちに貼りつけていた。ロシア語の通訳探しが早くも活発になっている」
取材協力者は、貿易業者の「にわかロシアブーム」を、このように伝える。

しかし、状況はそんなに甘くないはずだ。国連安保理の対北朝鮮制裁決議にはロシアも賛成し、その遵守を約束している。制裁違反企業に対する米国の二次的制裁は脅威のはずだ。

実際、朝露貿易も経済制裁の影響で激減している。2018年の北朝鮮のロシアからの輸入額は約3200万ドルで前年比56.8%減少。ロシアへの輸出はたったの約198万ドルで、前年比約46%減だった。

結局のところ、金正恩政権が米国との非核化協議で成果を出さない限り、ロシアが関与できる経済協力は、食糧支援などに限定的にならざるを得ない。

「中国に締め上げられているから、もうロシアしか残っていない。貿易業者らは期待半分、どうせ無理だと諦め半分だが、藁にもすがる思いで動いている」
取材した協力者は、こう述べた。(カン・ジウォン)

※アジアプレスでは中国の携帯電話を北朝鮮に搬入して連絡を取り合っている。