5月9日の短距離ミサイル発射訓練を指導した金正恩氏。朝鮮中央通信より引用。

◆経済制裁緩和失敗の金正恩氏の権威挽回が狙いか

北朝鮮が短距離ミサイル発射訓練を行った5月9日の夜、中国遼寧省丹東市に駐在する北朝鮮の貿易商社員たちが、中国人の取引先を招待して「ミサイル発射祝賀パーティ」を開いていたと、米国の「自由アジア放送」(RFA)が13日伝えた。
【関連写真を見る】制裁や経済難でボロボロの廃墟になった北朝鮮各地の工場(10枚)

RFAは、パーティに参加した中国人貿易関係者の言葉を引用して次のような内容を伝えた。

「北朝鮮が短距離ミサイルを発射した9日の夜に、北朝鮮の貿易駐在員が中国人貿易関係者数人を招待し、賑やかな祝賀パーティを開いた。何を祝うための酒席かと尋ねると、『新たに開発したミサイルの試験発射の成功を祝うためだ』と言った。たいそう浮かれている様子が不思議だった。
次のページ: 北朝鮮の貿易駐在員たちは... ↓