文政権は有力労組との対決局面に入った。写真は昨年9月に平壌を訪れた際の文大統領(韓国大統領府)

 

2016年に始まった朴槿恵パク・クネ)大統領退陣要求の「ろうそくデモ」で動員の主力を担い、文在寅(ムン・ジェイン)政権誕生に大きな役割を果たした全国民主労働組合総連盟(民主労総)のキム・ミョンファン委員長が、6月21日に拘束された。
【写真特集】 パク・グネ弾劾デモに北朝鮮のテレビはモザイクをかけた。隠したいものは何だったのか(5 枚)

容疑は特殊公務員執行妨害、共同建造物侵入、示威に関する法律違反など。民主労総が昨年5月と、今年3、4月に国会前で大規模集会を開いた際に、組合員が警察の阻止を突破して国会構内に進入、計70余名の警官が負傷。警察の装備も壊されたという。同容疑で5月に民労総の幹部3人が拘束されている。

民主労総は、韓国労総と並ぶ労組のナショナルセンターで組合員数は約100万人。その組織動員力は群を抜いている。文政権は民主労総が掲げる最低賃金の大幅引き上げ、非正規職撤廃などの主張を政策に取り入れた。
次のページ: だが、民主労総の要求はエスカレート... ↓