「祖平統代弁人、朝鮮に言い掛かりをつけた南朝鮮当局者の妄言を糾弾」

泰山鳴動してネズミ一匹という言葉がある。

まさに南朝鮮当局者の「光復節慶祝の辞」というものを指してそうだと言える。

島国一族(※日本のこと)から受けるさげすみをすすぐためのはっきりした対策や、つぶれていく経済状況を打開するこれといった方案もなしに弁舌を振るったのだから、「むなしい慶祝の辞」「精神スローガンの羅列」という評価を受けて当然である。

一言指摘せざるを得ないのは、南朝鮮当局者が最近、北朝鮮の数回にわたる「懸念すべき行動」にもかかわらず、対話の雰囲気が揺れなかっただの、北朝鮮による一度の「挑発」で朝鮮半島が揺れ動いていた以前の状況とは変わったなどと言って「光復節」とは縁のない妄言を並べ立てたことである。

南朝鮮当局者の言葉通りなら、自分らが対話の雰囲気を維持し、北南協力を通じた平和経済を建設し、朝鮮半島平和体制を構築するために努力しているということであるが、ゆでた牛の頭が笑っているようなことである。

今のこの時刻にも、南朝鮮で我われに反対する合同軍事演習が盛んに行われている時に、対話の雰囲気だの、平和経済だの、平和体制だのという言葉を、果たして何の体面をもって吐いているのかということである。

特に、我が軍隊の主力を90日内に「壊滅」させ、大量殺りく兵器の除去と「住民生活の安定」などを骨子とする戦争シナリオを実戦に移すための合同軍事演習が猛烈に行われており、いわゆる反撃訓練なるものまで始まっている時に、公然と北南間の「対話」をうんぬんする人の思考が、果たして健全なのか疑わしいだけである。

実に、めったにいない図々しい人である。

折に触れ平和を叫ぶが、米国から購入する無人機と戦闘機は、農薬をまいたり、サーカス飛行をするために買い入れたと弁解するつもりか?

共和国北半部の全域を打撃するための精密誘導弾、電磁気パルス弾、多目的大型輸送艦などの開発および能力確保を目標にした「国防中期計画」は、また何だと説明するつもりか。

明白なのは、これら全てのものが我われを壊滅させるところに目的があるということだ。

南朝鮮国民に向けて、つぶれたメンツを立ててみようとつづった言葉だとしても、まさに側で我われが聞いているのに、どうやって責任を持とうと、そんな言葉をむやみに言い散らすのかということである。

部下らが書いてくれたものをそのまま読み下す南朝鮮当局者が、とても笑わせてくれる人であることだけははっきりしている。

北で猟銃の音が鳴っただけでも糞を漏らすくせに、わざわざ余裕のある姿を演出しながら、北朝鮮が核でなく経済と繁栄を選択できるようにすると力説する姿を見れば、ぶるぶる怖気づいているのが歴々としている。

歴史的な板門店(パンムンジョム)宣言の履行が膠着(こうちゃく)状態に陥り、北南対話の動力が喪失してしまったのは、全的に南朝鮮当局者の行いの所産であり、自業自得であるだけだ。

南朝鮮当局が、今回の合同軍事演習が終わった後、何の計算もなしに季節が変わるように、自然と対話の局面が訪れると妄想して、今後の朝米対話から漁夫の利を得ようと首を長く伸ばして窺っているが、そのような不実な未練は、もはや諦めた方がよかろう。

後になれば分かるだろうが、我われは南朝鮮当局者らに、これ以上言うこともなく、再び対座する考えもない。

(了)