軍人や青年組織を動員して突貫工事で建設される平壌のアパート (アジアプレス)

 

国際社会の経済制裁の影響で、北朝鮮各地でアパート価格が暴落していることが分かった。平壌と、北部の両江道恵山(ヘサン)市、咸鏡北道会寧(フェリヨン)市の中心部で調べた。特に平壌の打撃が大きく、中心地区は半値以下に下がっていた (アパートは中・北部地域一帯では中国元で、平壌では米ドルで取引されているが、ここでは日本円に換算して表示する)。
関連動画: 秘密撮影した平壌アパート建設の手抜き工事の現場

◆首都平壌は半分以下に暴落

6月と7月に平壌から中国に出国してきた貿易関係者二人に話を聞かせてもらった。平壌のアパート価格は区域によって差が大きいため、中区域などの市中心の最高級アパート街に絞って尋ねた。この7年間、金正恩氏の指示による平壌再開発で見栄えのいい高層アパートが数多く建てられたが、それでも住居の主流は1970~80年代に建てられた古いアパートなのだそうだ。

二人の話はほぼ一致しており、まとめると次のようなものだった。

もっともアパート価格の高い中区域の広さ100平方メートルの中古物件は、経済制裁が強まる前の2016年には750~900万円ほどだったが、現在は200~450万円に下がった。5~7割の暴落である。

さらに中区域は統制強化による打撃が加わった。貿易関係者の一人は次のように言う。

「6月に入って金正恩氏の直接指示で、労働党庁舎などの重要施設や最高級幹部宅の方を向いたアパートのベランダをコンクリートで完全に塞ぐことになった。狙撃や撮影を憂慮してのことだろう。最高級アパート街の一角は暴落して100万円でも買い手がつかない有り様だ」

中区域のアパートのベランダは、もともと住人が出られないように、国家保衛省(秘密警察)によって鍵が取り付けられていたが、窓ごとコンクリートで塞いでしまったわけだ。明かりが入らない部屋に住みたい人はいない。

韓国貿易投資振興公社(KOTRA)によれば、2018年の北朝鮮の貿易額は前年比で48.8%減。輸出が約86%、輸入は約31%減った。ドル箱の石炭や鉱物、水産物などの輸出が制裁で完全に止まり、その収益が平壌に集中して還流する構造である分、平壌のアパート市場への打撃が大きかったわけだ。
次のページ:貿易都市の恵山市の場合...