道徳性が強く非難されているチョ・グク氏。2018年4月韓国大統領府発表写真

◆大学院進学の履歴書に「表彰」と記載

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領から次期法相に指名されているチョ・グク氏の妻、チョン・ギョンシム東洋大学教授が、6日の深夜に「私文書偽造」容疑で起訴された。

これは、チョ・グク氏の娘が2014年に釜山大学の大学院進学に際し、履歴書に東洋大学から、ボランティア活動で総長賞の表彰を受けたと記入していたが、妻がその表彰状を偽造した疑いが持たれている。

東洋大学の総長は「総長賞を与えた事実はない」と証言している。
次のページ: ◆なぜ妻のパソコンから総長の印象が?... ↓