自転車の荷台に豚を乗せて運ぶ住民。2010年6月に平安南道で撮影アジアプレス

 

9月後半から、韓国で相次いでアフリカ豚コレラ(以下A豚コレラ)の感染が確認され、非常事態になっている。特に北西部の京畿道坡州(バジュ)市、金浦(キンポ)郡、江華(カンファ)郡など、北朝鮮と隣接する地域での発見が相次いでおり、北朝鮮からウイルスが伝播したのは確実だと見られている。韓国軍は10月4日に、非武装地帯でイノシシを発見した場合射殺を命じている。(石丸次郎)

さて、それでは感染元と見られる北朝鮮では、どのような対策が採られているのだろうか? 北朝鮮国内で調査を進めると、あまりにもずさんな実態が浮かび上がってきた。

北朝鮮ではA豚コレラの感染が5月中旬に確認され、国連機関に報告している。その後、すぐに豚肉の販売、食用を禁ずる通達が出され、防疫当局と保安署(警察)が、市場で販売の取り締まりに当たっていた。

しかし、没収・埋設処分になると、飼育、販売する人たちは大損となるため、自宅でこっそり売るなどしていた。豚肉価格も1キロが15中国元(約230円)だったが、一時12元(184円)ほどに下がった。「手が出せる値段になった」という声が庶民の中から聞かれた。

◆感染死する豚が急増していた

韓国でA豚コレラ拡大が報じられたため、アジアプレスでは、9月後半から北朝鮮国内の取材協力者と各地で取材を進めた。結論から言うと、当局の防疫と統制はほとんど機能しておらず、ほぼ放置状態。各地で感染死する豚が急増していた。

その理由は、一つ目に財政難かつ対処力の低い防疫当局が、消毒薬剤の散布や豚の隔離を実施できていないこと。二つ目に豚が住民の貴重な現金収入源になっているため、廃棄や殺処分を避けた闇流通が横行していること。そして三つめに、本来それを取り締まる保安員(警察官)や防疫所員が、賄賂を取って闇流通を見逃していること、にある。

取材協力者たちによれば、協同農場で大規模な養豚をしている所はあまりなく、当局は、A豚コレラの防疫と制御のための具体的な情報を提供していない。豚に与える餌は飼料ではなく、主として草に人糞を混ぜたもので、ハエや鳥がたかるため、A豚コレラウイルスの拡散に無防備状態だ。