河井案里議員の選挙事務所が届け出た領収証。偽造の疑いが浮上している。情報公開請求で入手

◆買収事実なら刑事罰で失職の可能性

自民党の河井案里参議院議員が立候補した7月の参議院議員選挙で、選挙事務所が運動員に対して規定の2倍の報酬を払って買収した疑いで、「政治資金オンブズマン」共同代表の上脇博之神戸学院大学法学部教授ら10名が27日、公職選挙法違反の罪で河井案里議員、河井克行前法務大臣ら3人を広島地検に告発状を送付した。

【写真報告】これが政治資金報告書と「文通費」領収書だ 橋下徹、維新清水参議員などの実物公開(4点)

今回、告発されたのは河井案里議員と、事実上の「選挙運動の中心人物」である河井克行前法務大臣と、克行氏の秘書を務めたこともあり、現在は案里氏の公設秘書を務めている人物の3人。

告発状によると、河井案里議員ら3人は、7月に行われた選挙において、車上運動員15人中13人に対して、一人一日1万5000円と法令で定められているにもかかわらず、3万円を支払って買収した疑い。さらに、河井議員らは、買収を隠すために、虚偽の領収証を作って選挙管理委員会に報告した疑いがあるとしている。領収証は1万5000円分のものが2枚作られた「偽装」の疑いがあり、筆者は情報公開請求で、それを入手した。
次のページ:◆週刊誌報道後、説明もせず雲隠れ...↓