8月後半からの数週間、テレビでチョ・グク氏の姿を見ない日はなかった。(写真:代表撮影/Lee Jae-Won/アフロ)

まるで津波のように押し寄せ、すうーと引いてった。

韓国の前法務部長官チョ・グク氏の民放テレビの扱いのことである。彼の妻や娘、一族が関連する疑惑については、9月初旬から連日大きく取り上げられ、日本の法務大臣の名前は知らなくとも、チョ・ググ氏問題にはえらく詳しいという、奇怪な現象が起こった。

韓国政権中枢にいる人物と家族に関する疑惑なのだから、ニュースであるのは間違いない。だが、日本のテレビでの扱いは、報道番組よりも情報番組の方が圧倒的に大きく長かった。それに対し、日本の政治家の疑惑は少ししか報じないのに、なぜ外国の事件を事細かく、朝から晩まで放送するのか、韓国を貶めるのが目的なのではないか、そんな批判の声が上がった。

結論から言うと、情報番組がチョ・グク氏問題をジャブジャブ放送した理由は単純である。視聴率が取れたからだ。

◆早朝から夕方まで情報番組だらけ

民放地上波テレビは、平日の早朝から夕方まで、各局とも同じようなネタ、構成の情報番組がずらりと並ぶ。大阪の毎日放送(TBS系列)の場合を見てみると、5時25分の「あさチャン!」を皮切りに、夜7時までの6番組のうち4番組が情報番組で、実に放送時間の7割、約10時間を占める。かつてワイドショーと呼ばれた情報番組は、なぜ、かくも肥大したのだろうか?

私が初めて情報番組に出演したのは20年前。北朝鮮に関する映像リポートをスタジオで解説する8分ほどのコーナーだった。それから10数年、核や拉致問題などで北朝鮮情勢への関心が高まり、局を横断して報道番組、情報番組に出演する機会が続いた。メディアに所属しないフリーの立場では、発表の機会と報酬を頂戴できるのはありがたいことであった。

私は自分の取材したVTRについては、ディレクター任せにせず、編集の全工程を一緒に作業したので、情報番組制作の裏側を少し知ることになった。びっくりすることの連続だった。

各コーナーは、曜日ごとの担当ディレクターがいて映像や写真を集め編集する。その下にアシスタントディレクター、通称ADと呼ばれる若いスタッフがつき、弁当やお茶の注文取りなどの雑用から、解説用のボードやグラフなどの準備などを担う。

午前中放送の番組なら、前日からスタッフは総員完全徹夜で、ナレーション録りや字幕入れはオンエア数分前まで続くことがある。放送が終わると若いスタッフたちはフラフラで服もヨレヨレ。実に過酷な職場であった。※現在は、「働き改革」で随分改善されたそうである。
次のページ: ◆出演して分かった情報番組の仕組... ↓