(参考写真)市場で買い物をする痩せた将校。2013年8月両江道恵山市にて撮影(アジアプレス)

「街中から軍人、兵士の姿がほとんど消えてしまいました」

3月中旬、北朝鮮北部の両江道(リャンガンド)に住む取材協力者に、新型コロナ肺炎に関連して、軍兵士の動向について調査を依頼したところ、真っ先にこのような答えが返ってきた。

それが消えてしまったというのだ。なぜだろうか。協力者は次のように説明する。 

「コロナウイルスが軍隊内に広がることを防ぐため、近隣の〇〇地区の司令部では、将兵に一切の外出を禁止しています。警務兵(憲兵のこと)がオートバイに乗って、街中や国境警備隊と軍の部隊周辺を頻繁に巡回して、兵士の行動を監視しています。市中では軍人の顔を見ることもないですね」

朝鮮人民軍は例年12月1日から3月末まで冬季訓練に入る。この期間、兵士も将校も統制されて外出禁止になるのだが、それでも部隊の移動や買い物などの用事で外に出てくる。現在、その姿がまったく見えないという。
次のページ: ◆新兵の入隊も異例の延期... ↓