金正恩氏が太り過ぎなのは事実。写真は2019年5月にミサイル発射訓練を視察した金正恩氏。労働新聞より引用。

金正恩氏に健康異変があるという情報が4月21日から世界を駆け巡っている。手術説、重体説まで大きく報じられて騒ぎは大きくなった。現時点で、北朝鮮国内ではまったく報じられていないが、国内の警戒状況や雰囲気はどうなのか? 21日に北東部の咸鏡北道(ハムギョンプクド)に住む労働党員の取材協力者に緊急インタビューした。(カン・ジウォン) 

――金正恩氏が心血管の手術後に重体になったと韓国と日本、米国で大きく報道されている。北朝鮮国内では警戒が厳しくなったとか、幹部の様子に変化が生じたとかはないか?

えっ! (金正恩氏が)手術したなんて話は初めて聞いた。まだ誰も知らないはずです。平壌の核心の出来事なんて地方で知ることは困難です。まだ咸鏡北道の責任書記も知らないでしょう。こそこそ話している人もいないし、街中に変化も感じませんね。警戒が厳しくなったとも感じない。

――金正恩氏は4月15日太陽節(金日成生誕日)に錦繍山記念宮殿に参拝に初めて欠席した。これを異変と感じる人はいないのか?

毎年参加していて、今回は初めて出なかったわけだから確かにおかしい。私はどこかの現地指導で参加できなかったんだろうくらいに思っていました。ただ、一般の人たちは、(太陽節に)金正恩が出るのかどうかなんて、そもそも関心がないんです、皆、生きていくのに必死ですから。

――世界的に金正恩氏の健康異常説で大騒ぎだった。ところが北朝鮮では国の指導者の動静に関心がないですね。

(手術をしたとして)まず、絶対に私たちに知らせるなんてしないはずです。それから、最近はテレビのニュースを見ない人が多いです。いつも同じことばかり言っているし、信じていないから。金正恩が出てきた時は、すぐにでも改革開放して暮らしがよくなると期待しましたが、ずっと何も変わらずこの数年は生活ひどくなった。ほとんどの人は金正恩に期待していないし、関心もないんです。

※錦繍山記念宮殿は金日成、金正日氏の遺体が安置されてある「墓所」であり、二人の生誕日には、金正恩氏は欠かさず参拝してきた。

※アジアプレスでは中国の携帯電話を北朝鮮に搬入して連絡を取り合っている。