平昌五輪に合わせ訪韓した時の金与正。2018年2月、撮影韓国大統領府。

4月末に世界を巡った「金正恩異変発生説」は、本人が5月1日に姿を現したことでいったん終息した。異変発生説と同時にメディアで様々論じられたのが、気の早い「後継者問題」だった。注目が集まったのは実妹の金与正(キム・ヨジョン)だ。

結論から言えば、もし、近い将来に金正恩が急死したり、執務不能になったりした場合、党や軍の最高幹部が一時的に職務を代行する可能性はあっても、最高権力者の地位を継承するのは金与正(キム・ヨジョン)以外に考えられない。これが現時点での筆者の見立てである。その理由を述べる前に、まず、金正恩政権発足後8年間の金与正の軌跡を簡単に振り返っておこう。

◆金与正の軌跡

韓国統一部が5月13日に刊行した「2020北韓重要人物情報」によれば、金与正は1988年生まれ。有力な9月誕生説に従えば、現在満31歳ということになる(金正日の料理人を務めた藤本健二は著書で1987年生まれとしている)。母親が大阪生まれの在日朝鮮人帰国者の高ヨンヒであることはよく知られている。金正恩と金与正は「帰国者二世」ということになる。

【写真特集】 権力中枢を駆け上がるキム・ヨジョン氏の軌跡(10枚)

・2012年 11月19日には、金正恩、金敬姫(キム・ギョンヒ、金正日の実妹)と白馬に乗る姿が朝鮮中央テレビで放映され、ロイヤルファミリーの一員であることを印象付けた。

白馬にまたがる金与正と金敬姫。2012年 11月朝鮮中央テレビの画面より。

・2014 年3月9日の最高人民会議(国会に当たる)代議員選挙の時に、実名が初めて登場。肩書は「労働党中央委員会の責任幹部」だった。同年11月には党中央委員会副部長と職位が報じられた。

・2015年10月10日の労働党創建70周年の軍事パレードは生中継されたが、金正恩の演説する背後をチョロチョロする金与正の奔放な姿が目を引いた。

・2016年5月に党中央委員、2017年には党中央委員会政治局員候補になり、党内の序列30位以内に入った。

・2018年の平昌五輪に北朝鮮側高級代表団の一員として韓国を訪れ文在寅と会談した。金一族として、朝鮮戦争後初めて韓国領域に足を踏み入れた。

韓国から戻った金与正を迎えた金正恩  2018年2月労働新聞より引用。

・2018年から金正恩が首脳外交を活発化させる。金与正は板門店、北京、シンガポールに同行し、金正恩が文在寅、習近平、トランプと会談を行った際には補佐役として傍らに寄り添った。

・2019年2月、非核化をめぐる金正恩―トランプ第二次会談(ベトナム・ハノイ)が物別れに終わった後、政治局候補委員から名前が外れるも2020年4月11日に復活している。

・2020年に入り金与正名の談話を二度発表。一度目は3月3日、北朝鮮が行ったミサイル発射実験に韓国の大統領府が強い遺憾を表明して中断を求めたことに対し、自分たちは軍事訓練をして、我われに軍事訓練をするなというのは「盗人猛々しさの極み」「青瓦台の行動と態度が三歳の子どもと大きく変わらないように見える」と強く反発して見せた。3月22日には、トランプが金正恩に送った親書に、感謝の談話を出している。