(参考写真)北朝鮮では占いは刑事罰の対象。金一族以外を崇拝してはならないからだ。写真は地方都市で行われた政治学習集会の様子。2013年夏撮影、アジアプレス

新型コロナウイルスの影響で経済難が深刻化している北朝鮮で、占い行為が流行していると、北部両江道(リヤンガンド)の取材協力者Aさんが伝えてきた。

北朝鮮では占い、宗教は「迷信行為」として違法である。2015年改定刑法256条によれば、金品を受け取って「迷信行為」をした者は、1年以下の強制労働の刑に、情状が重い場合は3年以上7年以下の懲役刑に処すと定められている。

最近は取り締まりがとみに厳しくなり、摘発された占い師が、住民数百人が集められた前に引きずり出されて糾弾を受ける「群衆暴露集会」が、全国でしばしば行われている。にもかかわらず占い師が繁盛している理由は、社会不安の広がりのようだ。以下は、Aさんとの一問一答。

◆何を占ってもらう?

――取り締まりが厳しいのに、なぜ占いが流行るのでしょうか?
A 最近はコロナウイルスのせいで商売が大不振で、本当に暮らしがしんどいのです。この先どうなるかもわからない。以前より占いに頼る人増えたと思う。私ですら商売に出る前には(占い師に)電話で聞くようになりましたから。実際、当たることが多いです。

占い師もどこから出てくるのか、いっぱいいますね。最近、神が降臨してきたと評判の7歳児の占い師もいます。

――料金はいくらくらいですか?
A 電話で見てもらうと2~5中国元、直接会う場合は5~10元くらいです。最近は取り締まりが厳しいので、電話で訊くことが多いです。
※1中国元は約15円。朝鮮ウォンに信用がないため、元や米ドルが広く流通している。

――皆さん、何を占ってもらうのですか?
A 何でも見てもらいますよ。手電話(携帯電話)機の取り締まりで取り上げられたが、 いくら払えば取り戻せるか、体調悪いがどうすればよくなるか…最近は薬が高いので占いに治療方法を尋ねるんです。金を貸して欲しいと言われているが、貸してよいものか、重要な約束があるが、会うのはいつがよいか、幹部の人事はいつあるのかなど。
次のページ: ――幹部たちも占いしますか?... ↓