乾ききった道徳心 「礼儀を知らないやつ」「道徳心なんてなくなったのを知らないの?」 道を歩く年寄りが若者に殴られることはしょっちゅうです。服がすれたといって難くせをつけ、おじいさんを袋叩きにすることもあるのです。 ―ハンギル(キルスの兄)

乾ききった道徳心
「礼儀を知らないやつ」「道徳心なんてなくなったのを知らないの?」
道を歩く年寄りが若者に殴られることはしょっちゅうです。服がすれたといって難くせをつけ、おじいさんを袋叩きにすることもあるのです。
―ハンギル(キルスの兄)

 

雨が降る日も、カンカン照りの日も、また吹雪のふく寒い日も、子どもたちはくじけずに、ぼろをまとって夜も昼も関係なく、亜鉛精錬工場に通いつづけたのだった。
今、私は涙を流しながらこの文章を書き留めている。

その工場で盗みをしなければならなかった、2年7ヶ月という短くない期間に、子どもたちはつかまって、どれだけ殴られただろう。服を破られたり、奪われたりしたことは何度あっただろう......。

取られた服や手ぬぐいや靴は、工場の暖炉にくべられて灰になっていったり、機械室を拭く雑巾になったはずである。
--------------------------------------------
(文) リ・ドンハク [キルスの伯父・ファヨンの父]
48歳。咸鏡北道花台郡出身。労働党員であったが1999年1月に北朝鮮脱出北朝鮮では製錬所、建設企業所の、副職場長などを務めた。
--------------------------------------------
<<<連載・第24回   記事一覧   連載・第26回>>>

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…