第2回 溢れる中国製品、マネキンも登場 

金正日政権は「首都平壌は発展する革命の首都」という虚構を作るために、外国から訪問者には、常に見栄えの良いところだけを見せてきた。
リ・ジュンら北朝鮮内部の取材チームは平壌に潜入、知られざる北朝鮮の首都の姿を撮影するのに成功した。300万とも言われる人が暮らす平壌、その裏通り には、商売に励みたくましく生きる民衆の姿があった。(取材・撮影:リ・ジュン 平壌 船橋(ソンギョ)市場 2007年8月下旬  02分08秒)

110127_384288_pyon_02

北朝鮮では2003年4月に、それまで非合法だった市場が合法化された。
平壌をはじめ主要都市では、それまで闇市場扱いであったジャンマダンと呼ばれる市場を、当局が管理する「総合市場」に改変した。「総合市場」はいわば公設市場。平壌では、見栄えにも神経を使って立派な建物を建てて区域ごとに開設した。

国営公設市場である船橋(ソンギョ)市場。船橋区域は平壌市中心部を流れる大同江の東側に位置する。党や政府機関の幹部など、比較的裕福な層が暮らす地域のひとつである。市場に集う人々の服装もよい。

市場で物を売っている女性たちは単純な販売員ではなく、一人ひとりがスペースを借りて商売している「店主」である。社会主義を標榜する北朝鮮の首都・平壌で、市場経済の営業様式が増殖していることが映像から読み取れる。

・衣料品売り場。この店は商品陳列にマネキンを使っている。また、値札をハート型にするなど、'客寄せ'の工夫をしている。衣料品の大部分は中国製で、一部に中国製の生地を北朝鮮で加工したものもあるという。

・雑貨売り場。ハエ叩き、石けん箱、ふきん、ゴム手袋などが見える。このような安物の雑貨は中国製品の独壇場である。

・野菜・果物売り場。トマト、小さなスイカ、まくわ瓜を売っている。スイカとまくわ瓜はこぶりだが、撮影当時より5年ほど前まで、国内産は平壌の市場で見かけることはなかったという。

平壌・船橋(ソンギョ)区域

平壌・船橋(ソンギョ)区域

 

<<平壌の本当の姿だ1 へ │ 平壌の本当の姿だ3 へ>>


動画 (02分08秒)  (C)ASIAPRESS

北朝鮮では2003年4月に、それまで非合法だった市場が合法化された。 平壌をはじめ主要都市では、それまで闇市場扱いであったジャンマダンと呼ばれる市場を、当局が管理する「総合市場」に改変した。 「総合市場」はいわば公設市場。平壌では、見栄えにも神経を使って立派な建物を建てて区域ごとに開設した。

20110127_APN_pyongyang001国営公設市場である船橋(ソンギョ)市場。船橋区域は平壌市中心部を流れる大同江の東側に位置する。党や政府機関の幹部など、比較的裕福な層が暮らす地域のひとつである。市場に集う人々の服装もよい。

市場で物を売っている女性たちは単純な販売員ではなく、一人ひとりがスペースを借りて商売している「店主」である。社会主義を標榜する北朝鮮の首都・平壌で、市場経済の営業様式が増殖していることが映像から読み取れる。

 

20110127_APN_pyongyang002・衣料品売り場。この店は商品陳列にマネキンを使っている。また、値札をハート型にするなど、'客寄せ'の工夫をしている。衣料品の大部分は中国製で、一部に中国製の生地を北朝鮮で加工したものもあるという。

・雑貨売り場。ハエ叩き、石けん箱、ふきん、ゴム手袋などが見える。このような安物の雑貨は中国製品の独壇場である。

 

20110127_APN_pyongyang003・野菜・果物売り場。トマト、小さなスイカ、まくわ瓜を売っている。スイカとまくわ瓜はこぶりだが、撮影当時より5年ほど前まで、国内産は平壌の市場で見かけることはなかったという。

 

平壌の本当の姿だ3 へ>>