第6回 中心部を抜けると民衆の暮らしがあった

楽浪地区のアパート街へ向かう。ここは当に平壌なのか...。凄まじい数の人でごった返すアパート街、ごみが散乱する広場。「生活の匂いがする光景」がそこには映し出されていた。これまで匿されてきた民衆の暮らしの一端が明らかになった。
(取材・撮影 リ・ジュン 2007年8月 平壌 楽浪地区 02分06秒)

110211_pyon_06

金正日政権は「首都平壌は発展する革命の首都」という虚構を作るために、外国から訪問者には、常に見栄えの良いところだけを見せてきた。リ・ジュンら北朝鮮内部の取材チームは平壌に潜入、知られざる北朝鮮の首都の姿を撮影するのに成功した。300万とも言われる人が暮らす平壌、その裏通りには、商売に励みたくましく生きる民衆の姿があった。

20110211_pyon_06_01楽浪地区は、平壌中心部を流れる大同江の中洲・スク島の南側、「忠誠の橋」を渡った所にある。平壌の中心と郊外とを往き来するバスと路面電 車乗り換えターミナルになっている。この映像が撮影されたのは日の長い8月の夕刻。平壌市内中心は、背嚢を背負うのも禁止、みすぼらしい格好をしていると 取り締まりに遭う。

楽浪(ランラン)地区の表通りからアパート街の中へと向かうと、退勤時間になり家路につく人、商売をしようとする人たちでごった返していた。アパート前の広場すっかり露店市場と化し、所かまわず食堂が営まれている。
生きていくために商売をしなくてはならないのは、平壌市民も同じだ。

 

平壌・楽浪(ランラン)区域

平壌・楽浪(ランラン)区域

 

Google Map で平壌・楽浪地区がご覧いただけます。(画面左の+ボタンでズームアップ)

<<平壌の本当の姿だ5 へ │ 平壌の本当の姿だ7 へ>>

会員は動画がご覧になれます。動画 (02分06秒)  (C)ASIAPRESS

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。

 

無料動画

fa-film もっと多くの無料動画は『アジアプレスYouTubeチャンネル』よりご覧になれます。

 

写真ギャラリー

もっと多くの『写真ギャラリー』を見る ≫

 

写真記事

 

応援コンテンツ