第9回 アパート街はマーケットと化していた
アパート街の中でずらりと品を並べる大勢の女性たち。数百、いや千人はいるだろう。酒、タバコ、食品から衣類まで大量の商品を寒空の中売っている。北朝鮮メディアが絶対に伝えない平壌の日常の光景である。
(撮影 リ・ソンヒ 平壌・美林洞 2008年12月 01分41秒)

110412pyonura_09

美林洞は平壌の中心から東部に位置する。すぐ北側を流れる大同江には水力発電所があり、それに連なって北朝鮮の三大閘門(こうもん)の一つである美林閘門がある。山の方には湖があるなど風光明媚な土地が広がっており、幹部の別荘などもあるという。だが、総じて平壌の中でも未開発の最も落伍した地域の一つに挙げられる。

美林洞の寒空の下で、質素な防寒着姿で地べたに座ったり立ったりしたまま商売をしている女性たちを「貧しく可哀そう」な人たちだと見ると、北朝鮮社会を見誤ることになる。
彼女たちは統制が厳しい平壌にあって、経済的に自立して暮らしていくことができる唯一の方法である商売を、しんどいながらも喜んでやっているのだ。それは、働けば働いただけ実入りが増えるからであり、商売こそが豊かになれる唯一のチャンスだからだ。

彼女たちの働く姿は、一定の「経済活動の自由」を勝ち取って懸命に生きている姿だと捉えるべきだろう。
これまでメディアを通じて我々が見せられてきたのは、特別な平壌、あるいは例外の平壌である。
今回のリ・ソンヒの報告にある「一号道路」の外側の民衆の姿にこそ、平均的で平凡な平壌市民の暮らしが見えるはずだ。
<<平壌の裏通りを行く 8 へ │ 平壌の裏通りを行く 10 へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。