◆咸鏡北道茂山郡の対岸
北朝鮮による「人工衛星」の発射予告のため、朝中国境の警備が強化され緊張に包まれていた三月、咸鏡北道茂山(ムサン)郡を臨む中国側の地域を訪れたアジアプレス取材班の目を引いたのは、豆満江沿いに新たに設置された鉄条網だった。これは2011年5月の訪問時には無かったものだ。

中国側の吉林省和龍市南坪鎮に新たに設置された鉄条網。凍った川が豆満江。対岸が咸鏡北道茂山(ムサン)郡だ。2012年3月南正学(ナム・ジョンハク)撮影

中国側の吉林省和龍市南坪鎮に新たに設置された鉄条網。凍った川が豆満江。対岸が咸鏡北道茂山(ムサン)郡だ。2012年3月南正学(ナム・ジョンハク)撮影

 

国境の川、豆満江をまたいで中国の吉林省和龍市と向かい合う茂山郡一帯は、川幅が狭く、90年代から多くの北朝鮮住民が中国へと越境する際に利用した、代表的な「脱北ルート」。付近では密輸も盛んで、北朝鮮から流入する麻薬(覚醒剤)や銃器に中国当局は頭を悩ませている。さらに、空腹のため止むに止まれなくなった北朝鮮の兵士が中国に越境して度々強盗事件も引き起こしている。

鉄条網は、こうした朝中間での「不法な」往来を遮断し、国境秩序を回復させるために、集住地域を中心に中国当局が2000年ころから積極的に設置を進めてきたものだ。今回、意図的に茂山郡からよく見える鉄条網を張り巡らしたことから、北朝鮮住民の越境や密輸の意思自体を放棄させたい中国当局の狙いが垣間見える。
(ナム・ジョンハク)