映画「かぞくのくに」のヤン監督との対談第10弾。「私が映画を撮るのはエゴ」と言い放つ傑女の舌鋒はますます鋭くなっていく。 (聞き手 石丸次郎/アジアプレス)

ヤン・ヨンヒ監督(撮影ナム・ジョンハク/アジアプレス)

ヤン・ヨンヒ監督(撮影ナム・ジョンハク/アジアプレス)

◆うちの家族面白いもん
石丸:北朝鮮にいる家族のことを映画にするヤンさんの一番の動機はなんでしょうか?
ヤン:世界の人に知ってほしいとかそんなんじゃなくて、やっぱりもうエゴだけやと思います、自分の。うちの家族面白いから作りたいもん、ていうエゴ。それが、家族に迷惑かかるかもっていう心配よりも、どんどん勝っちゃってるんですよね。ドキュメンタリーを作ってる時から、いつか心の中のストーリーをフィクションにしたいと思ってました。

フィクションにするには、もっと違う意味での覚悟が必要やろうけど、自分の家族の顔や名前を出す訳ではないので、そんな心配からは解放されると思ってたんですよ。ところがどっこい(笑)、もっとしんどい。話はもっと踏み込んでるし、結局、自分でデフォルメして作ってるのに、もっとリアルになるんですよね。

石丸:「かぞくのくに」の舞台設定は全部ヤンさんが作っている訳じゃないですか。「おおー、ここ思い切ったなあ、ヤン・ヨンヒ」と感じた部分がたくさんありました。例えば、来日して「同胞協会」に行くシーン。あれはどう見ても総連本部を模したものです。
ヤン:あれは現実にはなかったシーンです。

石丸:あのシーンを総連中央の人が見たら、さぞ不愉快でしょうね。
ヤン:でも外から見ると、やっぱり変やもん、あの会館の中って。

 

◆自分で先に声をあげろ
石丸:それから、「あなたも、あの国も大嫌い」と妹が監視役にむかって叫ぶ場面。つまりヤンさんの言葉だ。
ヤン:(日本人から)「ほんまにあんな国に兄ちゃん行ってもうて、ヨンヒ、しんどいなあ」って言われたら「あんたが言うな」って思うんですよ。それはあんたのセリフちゃうでというのがある。多くの在日はそう思うと思う。特に総連系の人なんかは。でも一方で(北朝鮮の状況に)腹が立っているんなら、人に言われるより先に自分で言いなさいよって思うんです。

石丸:毎日のように「北朝鮮はあれが悪い、これが出来てない、怪しい」という報道が流れます。が、北朝鮮が酷いというのをわかっていても、それを日本人に言われたくないという在日は多いですね。
ヤン:多い多い。じゃあ公の場で自分で先に言えってことですよ。でも、飲み屋で愚痴ってるだけ。飲み屋の愚痴を作品にしたら面白いかもしれないな、「ここだけの話」が多くて(笑)。でも深いし痛い。深くて痛い話の方が絶対ドラマチックで面白い。

30年ぶりに日本に戻った兄(井浦新)は昔の恋人(京野ことみ)と再会するが・・・・・・(映画「かぞくのくに」より

30年ぶりに日本に戻った兄(井浦新)は昔の恋人(京野ことみ)と再会するが・・・・・・(映画「かぞくのくに」より

 

石丸:映画にできるのは当事者の在日だけでしょうね。
ヤン:私たちは普段、映画や小説で、いろんな国や社会、いろんな人の人生があることを知りますね。それって痛い話ばっかりなんですよ。在日は、大変やなあとか言いながら人の痛い話ばっかり読んで楽しんでるけど、自分たちの痛い話について外から言われたら、「うるさいな、お前らは」って文句ばっかり言ってる。それがなんか情けないんですよ。

石丸:また、ずばすばとおっしゃる・・・・・・。
ヤン:総連が情けないんですよ、はっきり言うて。うちの親が情けないねん。・・・・・・いや、うちの親責めるのは酷やと思います。あそこまで頑張ってんねんから。うちの親はマックス頑張ってると思う。でも一つ出来ないことがあるとしたら、自分で自分の痛いところを、示すことができないこと。逆に私は、オモニ(=お母さん)、アボジ(=お父さん)がやってきたのと同じ「頑張り」は出来ません。
(続く) 次へ>>

「北朝鮮と私、私の家族」 ヤン・ヨンヒ監督インタビュー 一覧

 

※在日朝鮮人の北朝鮮帰国事業
1959年から1984年までに9万3000人あまりの在日朝鮮人と日本人家族が、日朝赤十字社間で結ばれた帰還協定に基づいて北朝鮮に永住帰国した。その数は当時の在日朝鮮人の7.5人に1人に及んだ。背景には、日本社会の厳しい朝鮮人差別と貧困があったこと、南北朝鮮の対立下、社会主義の優越性を誇示・宣伝するために、北朝鮮政府と在日朝鮮総連が、北朝鮮を「地上の楽園」と宣伝して、積極的に在日の帰国を組織したことがある。朝鮮人を祖国に帰すのは人道的措置だとして、自民党から共産党までのほぼすべての政党、地方自治体、労組、知識人、マスメディアも積極的にこれを支援した。
ヤン・ヨンヒ(梁英姫)
映画監督。64年11月11日大阪市生まれ。在日コリアン2世。済州島出身の父は大阪の朝鮮総連幹部を務めた。朝鮮大学校を卒業後、大阪朝鮮高校の教師、劇団女優を経てラジオパーソナリティーに。95年から映像作家として「What Is ちまちょごり?」「揺れる心」「キャメラを持ったコモ」などを制作、NHKなどに発表。97年から渡米、6年間NYで過ごす。ニュースクール大学大学院メディア学科にて修士号取得。日本に住む両親と北朝鮮に渡った兄の家族を追ったドキュメンタリー映画「ディア・ピョンヤン」(05年)、「愛しのソナ」(09年)を監督。著書に『ディア・ピョンヤン―家族は離れたらアカンのや』(アートン新社・06年)、『北朝鮮で兄(オッパ)は死んだ』(聴き手 佐高信・七つ森書館・09年)、『兄―かぞくのくに』(小学館・2012年)。
「ディア・ピョンヤン」で、山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門特別賞、ベルリン国際映画祭フォーラム部門最優秀アジア映画賞(NETPAC賞)、サンダンス映画祭審査員特別賞、第8回スペイン・バルセロナ アジア映画祭最優秀デジタル映画賞(D-CINEMAAWARD)を受賞。
「かぞくのくに」で、ベルリン国際映画祭アートシアター連盟賞、パリ映画祭人気ブロガー推薦作品賞を受賞、他現在も各国の映画祭から招待が続いている。