金正恩氏のための平壌再開発 その表と裏を撮る [1]

取材:ク・グァンホ 整理・解説:石丸次郎
※この項の写真は2011年8~9月に平壌市の大同江(テドンガン)区域で撮影された。

平壌市街図(地図をクリックすると拡大します)

平壌市街図(地図をクリックすると拡大します)

中心部の中区域、第一百貨店前の臨時の「人民武力部駐車場」に集結した工事用車両。中国製のダンプカーや日本の「加藤製作所」製のクレーン車などが並んでいる。

中心部の中区域、第一百貨店前の臨時の「人民武力部駐車場」に集結した工事用車両。中国製のダンプカーや日本の「加藤製作所」製のクレーン車などが並んでいる。

 

「平壌はすごい建築ラッシュだった」。
2011年の夏以降に平壌を訪れた人たちに共通する感想である。

「強盛国家」を実現するという虚構を国内外に宣伝するために、平壌では大々的に都市再開発事業が行われているが、その目玉が「平壌10万世帯(戸) 住宅建設」だ。10万戸といえば、200戸の大型アパートに換算して500棟建てるという、とてつもなく大規模なプロジェクトだ。これを2012年4月 15日の故金日成主席生誕日までに成し遂げることを目標に据え、平壌市内はあちこちが突貫工事現場と化していた。
次のページへ ...