香川県坂出出身だという日本人女性。在日朝鮮人の夫に先立たれ子供と暮らしている、81歳だと語った。暗い部屋は敷物が剥がれコンクリートむき出し。相当に困窮しているようだ。2010年6月平安南道 撮影 キム・ドンチョル(アジアプレス)

香川県坂出出身だという日本人女性。在日朝鮮人の夫に先立たれ子供と暮らしている、81歳だと語った。暗い部屋は敷物が剥がれコンクリートむき出し。相当に困窮しているようだ。2010年6月平安南道 撮影 キム・ドンチョル(アジアプレス)

◇政治犯どう扱う?担当の保衛部員「頭が痛いことになった」

北朝鮮の地方都市で、在朝日本人の安否調査が始まっていることがわかった。アジアプレスの北朝鮮内部の取材協力者が、9日電話で伝えてきた。調査を 担当しているのは国家安全保衛部(情報機関)で、元在日朝鮮人の帰国者と日本人配偶者の安否を調べているが、政治犯の不明者の処遇で混乱が生じている模様 だ。(石丸次郎)

アジアプレスでは、先月29日に日朝合意文が発表されて以降、北朝鮮各地に住む取材パートナーたちとともに、北朝鮮内部で日朝関連の取材を始めた。 北部に住む取材協力者の一人が保衛部の人間と会い、すでに在朝日本人の調査が始まっていることを確認。その一端を9日晩に電話で知らせてきた。

この取材協力者は中国からの輸入品を国内各地に卸売りするビジネスをしている。居住地の担当保衛部員と会い、次のように伝えてきた。
「日本からの帰国者のことは保衛部で調査するということになったが、保衛部としてはとても困ったことになったと言っていた。なぜなら、日本からの帰国者に は、いなくなった人や、一家全員が丸ごと不明になっている場合があるからだ。そのような安否が敏感なケースについて、保衛部としてどのように調べて報告す るべきか、頭が痛いというわけだ」

続きを見る...

<拉致問題、日本人妻>記事一覧