2013年6月、ある地方都市の住民たちが川の水を汲んでいる。飲み水として使うためだ。他の地方都市でも、川の水を汲む住民たちの姿が目につく。住民たちは「水道が出ないから川の水を汲んで飲むしかない」と述べる。

川の水を飲むのは不衛生だということ知りつつも、水道設備が劣悪なため、仕方なく川の水を利用するのだ。

飲み水を買う場合もある。通話した北朝鮮北部地域に住む取材協力者によると「今、水道は十日に一度くらいしか出ないので、多くの家が水を買っている。夏は50リットルの桶二つ分を買うと、6000ウォン(約75円)くらいだという。(整理=南正学)

 


動画 (01分53秒)  (C)ASIAPRESS
<動画が滑らかな再生でない箇所は撮影時の元動画が原因であり、再生の問題ではありません>

【動画・北朝鮮の水問題】記事一覧