◇「サムスンと闘って、勝てると思っているのか」

韓国のサムスン電子の半導体工場で働く従業員に白血病などの健康被害を訴えるケースがあいつでいる事件を追ったシリーズ。被害を訴える従業員や遺族に対して、サムスン電子は「勝てると思っているのか」と言い放った。(アイアジア)

首都ソウルから東に直線距離で約150㎞のところにある束草(ソクチョ)市。3時間半ほど車を飛ばして到着した同市は、日本海に面し、のどかな田舎町の雰囲気を残していた。

勝訴した原告のファン・サンギは、この地でタクシー運転手として働いている。白血病で亡くなったファン・ユミの父親だ。わざわざ仕事を休んで、私を小さな平屋の家に迎えてくれた。

「日本からよくいらっしゃいました。韓国のマスコミはこの問題をなかなか取り上げてくれないんです。本当に嬉しいです」

ファンの言う通りだった。私は日頃から韓国のメディアもウォッチしているが、この問題が報じられたのはあまり見たことがない。今回の裁判の結果は通信社が配信しているが、私の知る限り、それを大きく取り上げた韓国の新聞やテレビはない。

研究論文に載ったファン・ユミさんとファン・サンギさん親子の写真

研究論文に載ったファン・ユミさんとファン・サンギさん親子の写真

 

小柄で優しそうな表情のファンは、淡々とこう打ち明けた。

「ある大手のテレビ局に、この件を報道してほしいと相談に行ったことがあるのですが、『サムスン電子で働いていて白血病になった? それなら証拠を持ってこい』と言われただけでした」

「それは、相手がサムスン電子だからですか?」

「ええ。この国は"サムスン共和国"ですから・・・」

年間の売り上げが日本円で20兆円を超えるサムスン電子は、韓国では圧倒的な存在感を持つ巨大な企業グループだ。韓国でよく聞く話に、「サムスン電 子は韓国のGDPの20%を稼いでいる」というものがある。もちろん、厳密な計算を経た数字ではないだろうが、韓国のGDPが130兆円余りであることを 考えれば、感覚としては当たらずと言えど遠からずといったところかもしれない。

実際、韓国の街を歩いていると、ひっきりなしに「SAMSUNG」の文字を目にする。半導体、スマートフォン、高画質テレビ、自動車、そしてマン ション建築と、至るところに広告や宣伝が出ているのだ。ファン・サンギという一人の初老の男性が、そんな巨大企業との闘いで相当な孤立感を覚えたであろう ことは想像に難くない。

それにしてもファンは、なぜ、娘の白血病の原因が工場で使われていた化学物質にあると考えたのだろうか。

「(白血病を発症したのが)娘だけではないと聞いたんです。彼女の職場での先輩も白血病になったとか。そこで私は、具合が悪くなって苦しそうに横になっている娘に『いったい工場でどんな作業をしていたんだ?』と細かく尋ねていったんです」

ファン・ユミの仕事は、ウェハーと呼ばれる半導体の基盤を洗浄する作業だった。DVDを二回りくらい大きくした半導体の基盤50枚を束ねたものを、液体の中に入れて洗う。彼女はその作業を繰り返していた。

「液体が入った水槽があって、その中にウェハーの束を入れ、しばらく浸けてから出す。新たなウェハーが来たら、また同じことをする。それが朝から晩まで続いたそうです。部屋の中は異様な臭いがしていたと言います」

現場の従業員に簡易なマスクは貸与されたが、暑さと息苦しさとで外してしまう人が多かったという。

ファン・サンギは、娘を亡くした後、その死亡について労災申請をするとサムスン電子側に伝えた。そのときのサムスン電子の担当者に言われた言葉が今も忘れられない。

「サムスン電子と闘って勝てると思っているんですか?」

裁判では、前述のような二審の結果が出て、勝った形にはなった。しかしファンには、自分が勝ったという思いはないという。

「この裁判は、ほんの一歩です。まだ多くの人が娘のように苦しんでいます。その人たちのためにも裁判に勝ったことは大きいと思いますけど、サムスン電子が方針を改めるまで、やることはまだ多くあります」